ウェブコミックの魅力

ウェブコミックの魅力

ネット上で漫画を見れるってご存知でしたか?

それはウェブコミックとも呼ばれていて、ファンの間では絶大な人気を誇っています。

他の呼び方として、「オンラインコミック」や「ウェブ漫画」とも呼ばれています。

コミックを容易に発表することができる手段として、素人作家を中心に利用されているようです。
多くのウェブコミック作品が発表されています。

ウェブコミックには、ウェブ特有の特徴があります。

それは 「アニメーションのような動的要素は与えることができる」という事です。

2007年11月の時点で、山野車輪氏の作品「マンガ嫌韓流」(※1〜3巻合計で78万部以上)、ほしよりこ氏の作品「きょうの猫村さん」(※1・2巻の合計で90万部以上)、よしたに氏の作品「ぼく、オタリーマン。」(※発売1ヶ月の合計で30万部)などといった人気作品も生まれているようです。

Jコミのような絶版となるような作品を配信するような行為によって、広告収入を得る新事業モデルを構築しているようです。

これによって、今まで顧られがなかった作品が、注目の的となる場合もあるかもしれません。

さらに、漫画家を目指す人々が作品を自由に発表するので、これが足掛かりとなって、チャンスを得る事もあるようです。